抗真菌薬が通販で購入できるって本当?

抗真菌薬とは真菌による感染症を治療する医薬品で、主に水虫、癜風、カンジダといったものに効果があります。真菌とはカビや酵母と同じカビの一種で、ウイルスや細菌を含めた病原体のひとつとして、空気中にも漂っています。抗真菌薬は真菌の細胞膜に作用して合成を阻害することで育成を抑え、間接的に殺菌的作用を示すものです。そのため、抗真菌薬は真菌にのみ作用し、ウイルスや細菌などによる感染症、つまりインフルエンザやデング熱、コレラや破傷風などには効き目がありません。抗真菌薬の塗り薬の一部は水虫の治療などにも使用でき、ドラッグストアでも市販されていますが、内服薬や日本で認可されていないものは市販されていないので、通常は購入することができません。しかし、インターネットによって海外で流通している抗真菌薬は、個人で使用する範囲内であれば、個人輸入を使って購入することが可能となっています。自分で個人輸入をしようとすると税関や書類申請で面倒ですが、個人輸入代行サイトを使用すれば、それらの手間を省いて購入できます。例えば水虫であれば、市販の塗り薬で足りますが、爪水虫などでは塗り薬では効果が見られないため、皮膚科で治療をしていても内服薬を使用することがあります。こうした治療を行うのに必要な内服薬でも購入することができ、また処方箋を必要としないので、診察代なども不要となり、経済的に負担がかかりやすい薬代を安くすることができます。ただし、個人輸入では偽薬を販売しているサイトも少なくないので、購入する場合は信頼のできるサイトを探すことが大切となります。特に極端に安い薬が売ってあると、つい手を伸ばしがちになってしまいますが、相場が崩れるような価格の場合は偽物である可能性が高いので注意しましょう。

通販で選ぶ抗真菌薬について

細菌よりも大きくて高等な生物を真菌と呼びます。簡単にいうとカビのことなのですが、病気でいうと白癬菌いわゆる水虫やガンジダを指します。これらの病気は皮膚真菌症の原因となり、カビが皮膚に感染したり、寄生したりして起こります。人に病気を起こさせるカビは100種類以上あるといわれていますが、感染した部位によって症状が様々です。真菌を吸い込むことによって肺や脳にも問題が起こりえます。真菌症としては培養や生検が困難な場合が多く、原因が特定しづらいことも治療が困難になる理由となっています。通販では抗真菌剤としてカビの細胞膜の合成を阻害することで症状を改善させる薬が販売されています。軟膏や外用薬、内服薬としての販売もされており、皮膚や爪の中にすばやく浸透していきます。脂漏性皮膚炎には抗真菌剤入りのシャンプーも発売されており、かゆみや湿疹、頭のかゆみ、ふけやかさぶたの発生といった症状を緩和してくれます。抗真菌は表在性と深在性に分かれており、表在性が皮膚に現れるものです。この原因は白癬菌と呼ばれる常在菌で、免疫力が低下したときなどに現れることがわかっています。白癬菌の主な構成成分がエルゴステロールで、細胞膜がコレステロールであることから、エルゴステロールの生成過程を阻害する薬で治療することになります。白癬菌は皮膚のケラチンを溶かして、それを食べることで増殖しますから、ケラチンが多く含まれる皮膚に発症するのです。通販では抗真菌の薬としてクリーム、スプレー、外用薬があります。最もよく利用されているのはクリームでお風呂上りに皮膚が柔らかくなった時に塗ると肌の保護機能を高めることになりますし、保湿にもつながります。

抗真菌薬は通販と病院どちらがお得?

病院から処方される抗真菌薬は、信頼できる製薬会社が作って販売を行っているものですから、安心して使うことができますが、大抵先発医薬品が指定されることが多く、種類も特定のものだけであるため、比較的高い価格のものを使う結果になってしまいます。
薬を服用している人の中で国民健康保険に加入している人は、医療費の通知が来たときにジェネリックを使うように、記載されているのを見た方もいるでしょう。差額が割りと合って、ジェネリックにした方が自己負担も大幅に減らせます。抗真菌薬もジェネリックにした方が安価であり、通販のサイトでは実に数多くの取り扱いがあります。通販では、海外医薬品も積極的に宣伝販売を行っています。日本製よりも元々安価な海外製で、さらにジェネリックだと驚くほどの安さで売られていて、まとめ買いもしやすいメリットがあります。しかし、通販を利用する際に注意が必要なのは信頼できるサイトか見極める必要があることです。ネットショップは誰でも簡単に作成ができるもので、法律の改正により薬が通販できるようになってからは、不正な販売を行うサイトも一挙に増えました。不正な通販ではパッケージなどが似た製品を送りつけて来たり、入金しても品物が届かないなど、海外通販ショップに多くみられる傾向です。多様にある海外の抗真菌薬は見分けが付きにくいため、信頼できる薬局が運営しているサイトか、実績のある海外医薬品輸入代行の通販を使わないと効果が無い薬を買ってしまう心配があります。通販で購入できる市販薬には、病院で処方されるよりも成分量が抑えられ、緩やかな効き目のものも多くあります。完治までに時間がかかることになるので、その分何度も購入が必要になる場合があります。

ページの先頭へ戻る